読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行雲流水 harada's diary

雲や水の流れのように自然にまかせて綴っています

経営者の仕事 [0009]

経営者の仕事は、未来を見据えて組織・仕組みを創ることであり、様々なリスクに備え、組織が持続的に社会に貢献できるようにすることです。

そのために社員が働きやすい環境を誰よりも考えることが重要です。

組織は人の集まりです。

その人たちが同じ方向を向き、それぞれの得意分野で最大限の成果を発揮できるようにするには、明快なビジョンが策定されており、所属する社員にビジョンへの共感がある前提で、働きやすい、働くことを楽しめる(楽しめなくとも最低限嫌々はやらない)環境整備が必要です。

「それは社員自身の問題だ」と言う人もいますが、現実を見たらそこまで考えておく方が良い結果につながる確率が高くなります。

採用時に上っ面の共感を示す人をいかに見極められるかが重要にもなります。

組織のカギを握る人の採用も経営者にとっては重要なはずなのですが、何故か学歴や能力(スキル)面、前職の会社のブランドなどを重視し、採用に失敗するということも多いようです。

また、環境変化を会社の停滞や衰退の理由にするようでは経営をやっていないのと同じことです。

責任を部下に押し付けるなどというのは言語道断です。

その変化やリスクを見極め、組織のビジョンやミッションを定義した次に経営の重要な仕事でもあるからです。
そしてすべての結果に対して責任を負うのが経営の役割です。

やったことのある人にしかわからないかもしれない"孤独感"というものも凌駕できる人が向いているのが経営者という仕事です。

Copyright © 2016- M.Harada All Rights Reserved.